雷電疾風録

ゲームと旅行がメインになると思います。

※ネタバレ注意※ 問題児たちが異世界から 来るそうですよ?感想

  • 1話

招待状が降ってきて中身を見たら突然異世界に召喚されたのに誰もパニックにならず不気味なほど冷静(しかも上空から落ちたのに落下中も誰も叫ばない)湖に落ち死にかけたのに服が濡れた事に怒る謎。問題児の実力を試す為にトランプで勝負した所も頭脳戦かと思ったら力押しで少しガッカリした。

  • 2話

ガルドが虎化して襲った時あっさりカウンターで投げ飛ばしてたけどギフト使うと身体能力上がるのかな?あとグリフォンの所で知恵と勇気が必要って白夜叉が言ってたけどどこにも知恵の要素なかった気が…。

  • 3話

吸血鬼?化した虎と戦って何故あんな深手を追って逃げきれたのか。素手で1回攻撃止めてたし、吸血鬼特攻剣持ってんのに何故重症を負ったのか分からない。

 

  • 主人公がウザイ

まず他の世界から召喚された二人の名前は普通なのに主人公の名前が逆廻十六夜(さかまきいざよい)と名前が痛い。他の二人の髪の色は派手じゃないのに十六夜だけ金髪で違和感があるし、なんでヘッドホンずっと付けてるんだ…?最終回まで誰にも触れられてなくて草生えた。

主人公の性格はウザく、俺TUEEEEの時点で少しうざいのに終始イキり散らしてて白夜叉と黒うさぎがいなかったら見るの止めてたかもしれない。完璧な主人公に意外な弱点が!?みたいな物もなく本当に完璧でつまらない。

能力もunknownと俺TUEEEEの王道で石化光線を殴って破壊したり当たったら即死するペスト攻撃を殴って破壊したりとめちゃくちゃだし、神格化したヴェーザーを片手が使い物にならなくなるだけで倒し、ハーメルンの謎も頭のいい十六夜が割とあっさり解いちゃうし。面白味がない。頭いいから一応空気は読めるけど発言がいちいち痛いからプラマイゼロ。

  • 世界観

あんまり異世界感がない…異世界の生活について詳しい描写もないし、3人は別の時代から来てるのに文化の違いに戸惑う描写もないし飛鳥がハロウィンを詳しく知らなかったり、クレープを知らなかったりする程度で、異世界だと○○の代わりにこんな物があるのか~とか未来から来た耀が自分の時代の物が全くない~みたいな別の時代から来た設定と異世界設定をもっと生かして欲しかった。ブレーメンの音楽隊とかペスト等史実が元だったり、ロボットが出てきたりして異世界感が薄いと感じた。

  • ルール

結構ルールがガバガバだと思った。相手のコミュニティに入って女子供拉致ったり破壊行為で戦力を削いでもお咎めがないので魔王じゃなくても理不尽な条件でも勝負を断れないし、魔王ならそんな事しなくても仕掛けられた相手は断れないとかめちゃくちゃ。

  • OP

歌詞を入れたせいでダサく感じる。歌詞のフォントが何の捻りもない標準のフォントのせいでMADみたい。

  • 最後に

自分には合わなかった。 この作品を勧めるなら設定が結構似てるノーゲーム・ノーライフを勧めるかな。このアニメで唯一面白いと思ったのは7話の白夜叉と十六夜の変態コンビのシーンだけ(´・_・`)カナー